不登校と留学

生きる場所の限定はしないべきだ

不登校期間が長い方、不登校期間中に成績書を提出できずに、学校を卒業できない方。
他にも人間関係が嫌で不登校になった方。

不登校になった子には、様々な理由があり、悩みがあります。
ある教科が苦手、学校がイヤ、など。
人間関係の悩みもあれば、無気力という学習意欲がない子供さんもいます。

不登校となってしまい不安を感じている方でも、海外へ留学して中学高校を卒業することができます。
人間関係や学校がそもそもいやになったのなら、留学と言う名のリスタートをしてみてはいかがでしょうか。

そもそも不登校生が留学をすると、様々なメリットがあります。
まず不登校でも正規の高校へ入学ができますし、不登校で低下した自立心が養われます。

たまたま合わなかった環境のまま将来の選択肢が狭まってしまう。
そんなもったいのないことはありません。
また、環境の違う場所でのリスタートは大きな心境の変化に繋がります。

留学することで英語力が備わって、帰国生入試を活用し有名大学へ進学することも可能です。
不登校によって失われてしまった自信を取り戻すことへと繋がるでしょう。

不登校生は留学で成功する

不登校生が留学で成功する理由は3つあります。
まず、親と離れて自立した生活を行うことで、自尊心や自立心が養われるというものです。
自由と個性を尊重した社会、教育が可能であり、自分のペースで勉強ができますし、目標を立てて、挑戦する意欲を持つこともできます。

学業やスポーツ、文化などバランスがとれた教育が可能。
また、留学することで日本とは違う世界観、異文化と触れ合うことができるというのも成功する理由です。

不登校生は、自宅もしくは自室という狭く小さな世界に閉じこもりがちです。
そこで、広い広い世界を見て視野が広がり、考えも広がるかもしれません。

日本ではなく、学校ではなく、世界に自分の居場所を作れることも、不登校生が留学で成功する理由です。
学業や生活、自立した生活を通して学校に復帰することが容易くなるかもしれません。

不登校というせまい世界を上手く広げよう

家族は、どうすれば良いのか、不登校生に対してどういったサポートをしてあげれば良いのか。
わかりませんよね。

そこで、狭い狭い世界に閉じ込めがちです。
子供さんには、無限の可能性が世界に広がっているんだということを教えてあげましょう。
かわいい子には旅をさせよと言いますが、留学を通して一回りも二回りも大きくなった子供さんが、帰ってくるかもしれません。